サトウキビの収穫と製糖期に入る喜界島を訪問

2017年12月、サトウキビの収穫と製糖期に入る喜界島に行って参りました。

今回の主な目的は喜界島の取材協力と来期の生産打合わせでした。私の食に関する友人でもある雑誌編集の仕事に永年携わっておられる博多玲子さんと、編集とカメラマンを兼任する名須川ミサコさん三名での訪問となりました。

2017.12喜界島01-01.jpg

 名須川ミサコさんと博多玲子さん、弊社代表の辻と杉俣さん  


2017.12喜界島01-02.jpg  喜界島空港にある、風と光の広告パネルの前にて喜界島空港看板.jpg 






  風と光は、喜界島を応援しています!



 名須川さん、弊社代表の辻と杉俣さん、博多さん

 

博多玲子さんは玉川高島屋の「博多玲子サロン」で文化的活動をされたておりますが、料理関係の本も年に数冊出版されており、食の造詣も深い方です。お二人は最近、全国のあまり知られていないこだわりの物産と工芸品などを独自にレポートし、ネットショップに繋げる新組織「はな組」を設立されました。今回は喜界島の魅力を探る取材のために来島し、私と同行することとなりました。

 

●博多玲子オフィシャルサイト
https://www.reikohakata.com/

 

 

最初に喜界町役場に川島町長を表敬訪問しましたが、話題はオーガニックアイランド化に対する支援強化、現在始まった第二地下ダム建設工事、そして最近喜界島が国立公園に指定された話など盛り沢山でした。しかし、川島町長は編集者二人の考えや行動に興味をもたれ、翌日、町の広報紙記者がお二人を逆取材となりました。

2017.12喜界島02-01.jpg

左より朝日酒造の喜禎(きてい)さん、弊社代表の辻、博多さん、川島町長、名須川さん、杉俣さん  



2017.12喜界島02-02.jpg
   町の広報紙記者がお二人を逆取材

話題に上がった第二地下ダムが完成すると島全体の農耕地に地下水を散水でき、より安定した農業環境になるので素晴らしいことと思います。ダムが完成すると清浄な地下水を守るための有機栽培がより必要になり、早く喜界島がオーガニックアイランドに近づくことが望まれます。

 

次に弊社の粗糖を製造している生和糖業を訪問しました。喜界島の粗糖はサンゴ土壌で育つため一般のザラメ糖と比較してコクが強いので、年々人気が高まっています。生和糖業では設備をリニューアルし、衛生面でもより良くなりましたが、生産量に限りがあるので弊社は大切に販売していきたいと考えております。

201712喜界島03.jpg

左より生和糖業久保部長名須川さん、生和糖業金子社長、博多さん、弊社代表の辻、 杉俣さん

●生和糖業株式会社
http://showa-sugar.co.jp/


島内で2社ある黒糖焼酎メーカーの一つ「朝日酒造」の喜禎社長は、NPO法人オーガニックアイランド喜界島の理事を務めています。朝日酒造の有機黒糖から作った黒糖焼酎「陽出る國」は日本で唯一の有機原料を使用した焼酎です。弊社の有機黒糖の一部と有機白ごまも朝日酒造様より供給していただいております。

201712喜界島07.jpg

 朝日酒造さんは機械化しないで手刈り          朝日酒造の向井さんが黒糖の製造工程を案内

●朝日酒造株式会社
http://www.kokuto-asahi.co.jp/

DSC02996.jpg
 有機栽培したサトウキビから製造した純黒糖だけで仕込んだ長期熟成原酒、黒糖焼酎 『陽出る國の銘酒』

 

生産農家の叶ご夫妻はパッションフルーツとマンゴーの有機栽培に努力をされていて、お二人から喜界島の有機フルーツ生産のスタートを切っていただきたい思いです。

201712喜界島04.jpg

 叶夫妻農園スタッフのみなさん            喜界島の蝶 オオゴマダラに魅せられたお二人

国内では輸入品が多いゴマですが、喜界島は白ごまの生産量が日本一で、国産の白ごまを守って頑張っている生産地です。農家の菊池真奈美さんは、特別栽培した白ごまの生産から、いりごま、すりごまの製造まで頑張っておられます。菊池さんは香りの良いすりごまを作るために細かな手仕事を重ねて頑張っておられます。

 

今回も島で大活躍されている杉俣絋二郎さんに案内して頂きました。杉俣さんはNPO法人オーガニックアイランド喜界島の副理事長で、有機サトウキビの生産と有機黒糖の生産をされています。弊社にも黒糖を供給して下さっていて、工場も見学させて頂きました。杉俣さんには大変お世話になり、ありがとうございました。201712喜界島08.jpg

 黒糖作りをする杉俣美江子工場長             少量づつゴマを煎る菊地真奈美さん


201712喜界島06.jpg

 NPO法人オーガニックアイランド喜界島の皆さんと喜界島郷土料理を堪能(上より海の幸、名物あぶらソーメン、名物サクナ(浜ぼうふう)の天ぷら)

 

喜界島商品のお求めは

http://www.kazetohikari.net/p/item-list/list/cate_id/6/p0s0.html

 

新着ニュース_510.jpg 

(2018年5月2日) 月刊「風と光たより」バックナンバー 詳しくはコチラヘ

「風と光だより」5月号 特集:

紅大豆甘納豆&グルテンフリー特集&ゴロほぐし/健康オイル

------------------------------------------------------------------------------

スーパーマーケットトレードショー2018

ご来場ありがとうございました  詳しくはこちらへ

------------------------------------------------------------------------------

風と光の 「ちゃんと食べきる2020」  詳しくはこちらへ

--------------------------------------------------------------------------------

 

「風と光と・自然食品とオーガニック食材ショップ」  商品の購入はコチラヘ  

--------------------------------------------------------------------------------

喜界島産「国産有機黒糖ふんまつ・かち割り」

「国産有機いりごま・すりごま」が

ソーシャルプロダクツ賞を受賞 ソーシャルプロダクツ・アワード2018受賞 http://www.apsp.or.jp/spa2018/ ソーシャルプロダクツ・アワード01.jpg

 

ソ−シャルプロダクツ普及推進協会が開催する、「ソーシャルプロダクツ・アワード2018」の国内部門で、弊社喜界島商品の「国産有機黒糖ふんまつ・かち割り」「国産有機いりごま・すりごま」がソーシャルプロダクツ賞を受賞しました  

詳しくは

 

2018年の風と光は オーガニック 2020

オーガニック ローチョコレート

オーガニック タイカレーペースト&ソース


  

歌「オーガニックアイランド喜界島」に合わせて喜界島をご紹介

 
私が20年前、喜界島を初訪問した時から「オーガニックアイランド」になるに 相応しい動機と資格があると思い、今日まで喜界島を応援をしてきました。 2016年2月には有機JASの黒糖と白ごまをご紹介できる運びとなり嬉しい限りです。 以前に私が作詞作曲した「オーガニックアイランド喜界島」に島を訪問時に撮影した 風景やオーガニック化に頑張っている方々の写真を入れて動画を作りました。 後半には歌っている島の民謡歌手「牧岡奈美」さんも映っています。 皆様にご覧いただけたら幸甚です。(辻 明彦)
 

動画ライブラリーへ